上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンアン。

54戦29勝7分18敗・勝率53.7%。
決勝進出:9/15(60%)・決勝:6勝3敗(66.6%)。

昨日より酷い。ヒドい。ひどすぐる。
負けの大半は自爆。とはいえ、それだけじゃない。
ラス問がバカでもわかる4択で勝ち戦をひっくり返されたのもあれば、自棄になって得失点差で決勝進出を逃したパターンも。
ホントに精神状態が重要なゲームだよなぁコレ。
(わかってるなら何故そこまで連コしたのか)



さて。今日も解せないことがひとつ。
某PA氏がカード奪取において、
「1・2枚目が確実に不正解だったら、3枚目で0.01秒押し」
ってのをやってきた。新しいパターンだなぁ。
結局、10対50で敗北。
即ちこれ、「最悪でも±0、あわよくば確実に正解して得点ゲット」っていう戦法なんだろうけど…
なんだろう、この胸の奥に灯るドス黒い感情は。
負けた後の気分が誠にもってよろしくない。
俺的にはこの戦法、NGだわ。
この間の連想一枚目0.01秒押しの方が遥かにかわいく思える。

感情的になりすぎてもアレなので、多少論理的にいきます。
この戦法、連射の早いモンが勝ちます。
即ち、クイズをしてません。
自分も、1~3枚目確実不正解の場合、4枚目で連射してますが、その場合でも1~3枚目まではきちんとクイズをしてます。
で、形式の性質上、4枚目にしか正解がないので連射をしてます。これは知識に裏付けされた行為です。
で、今回のPA氏の場合。
3枚目の時点でクイズを捨てて運任せに走っています。知識もクソもありません。
やられている側は、ひたすら相手の運試しを傍観するだけ。

さて、私は一体何のゲームをしてるんでしょうか。


まぁ、人によっては「遅答野郎がなにホザいてんだ」と言うかもしれませんが…
私は少なくとも、遅答とこの戦法に同様の価値を見出していません。
遅答の場合は、「してもかまわない・されてもかまわない」と思いますが、この戦法は「する気にならない・されると釈然としない」です。


…とりあえずこの件の愚痴はこんなもんでひとまずオシマイ。
原稿進めようや、原稿。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。