上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。今日のアンアンは最近にしては調子良かったです。
が、それでも10連勝がやっと…改めてリムリア先生の偉大さを実感しました、水科です。


今日はビジュアルの『0秒ダイブ』についてお届けします(前に書いた時とは若干心境にも違いがあるので)。


8クレ目決勝・対ゴムのアヒル(十段)氏。
1位通過の氏は、形式をビジュかカードかで悩んでおられました。
(氏のビジュ勝率は78%。自分は70膳半くらいだったかな)
この日はそれまでビジュ勝率の高い人と当たってなかったので、内心『ビジュ!ビジュ!』と祈っておりました。
そして念願叶い、形式はビジュアルに。
いざ、勝負…ッ!!

1問目「このスポーツはなに?」ズーム問題。

『速攻魔法発動!0秒ダイブ!!』

ピポピポーン

0対10


2問目「これは何?」パネル問題。

『速攻魔法発動!0秒ダイブ!!』

ピポピポーン

0対20


3問目「これは何?」ズーム問題。

『速攻魔法発動!以下略』

ピポピポーン

0対30


4問目「この漢字の読みは何?」

普通に押し負け。

0対40。
終了。


('A`:;.:...



さて。
ここで愚痴るのは簡単です。が、今回はちょっと理論的に検証してみましょう。
そうでもしないと進歩がない。

1問目。問うているのは「スポーツ」。
思ったんですが、写真問題でスポーツが問われる場合、「文字数」と「最初の四文字」でかなり限定できるんですよね。
実際、解答権獲られて向こうが文字入力するまでの間、「…もしかして、答えはアレか?」と思ったその『アレ』が正解でしたし。
そうなると、スポーツ問題はダイブが超有利になりますね。無論、場数をこなしている方が有利の度合が上がります。

2問目。
問うているのは漠然とした「物」で、尚且つ「パネル」だったので流石に連続してダイブはないだろー、と思ってました。
しかし現実はダイブ。しかもそのダイブする間にめくれた所で、しっかりと答えが特定できる罠。
1問目同様、「あ、これ答えアレじゃね?」と思ったその通りの正解でした。

3問目。ズーム。
これは流石に自分でも見た瞬間わかりました。その黄色い花びらは…
が、しかし、押しのスピードが違いすぎる。
漠然とした記憶によれば、相手は0.3秒台、自分は0.5秒台だったと思います。この0.2秒はデカい。デカすぎる。

まぁ4問目は置いといて。
自分、『発』の字を見切るの苦手なんスよドララー。


で、ここまで考えてきてみて、至った結論はというと。
『0秒ダイブにキレるのはお門違い』
ってこと。少なくとも自分は、今回の敗戦でこう思えるようになりました。
まぁ自分が使うかどうかは別問題ですが。
うーん、ビジュは(も?)奥が深い。



あまり重い話もアレなので、話題転換。
今日、すっっっっっっっごい久しぶりに栄通猫でQMAってきました。100円2クレらしいので。
で、1クレ目。「8ごころAP」でやろうとしたら…

8ごころAP、御臨終。

うわー期限切れてたか…
…ってことは…他のももしや…?と思い、緊急確認。

ほんめいりん死亡確認。
UNオーエン死亡確認。


あややややや。
まぁ、しゃーない。そんだけQMAから離れてたんだしなー。

で、2クレ目。⑨=バカ=チルノで参戦。
3回戦が学タイだった運もあり、決勝進出キタコレ。
まぁ決勝では強豪3MA氏がいたので1位は諦めて2位狙いでいったもののスピード差で3位終了。
でもまぁ、久々にしては楽しめました。うん。
でも流石にもうやりこもうとは思わないなぁ、QMA。



P.S.
例の日本史クイズについて。
某O氏から解答が届きました。挑戦ありがとうございます!つーか暫くぶりです!
O氏は結局10問解答して、その10問全て正解でした。
問24を、俗名で解答する辺り渋いですなぁ。

もし他にも挑戦する方がいらっしゃいましたら、こっそりコメントで解答してみて下さい。
その辺の様子見てから解答とか解説とかしてみます。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。