上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々のアンアン。がっつり39クレ(やりすぎ

結果…見たくねぇwwwってくらいに劇悪。

ざっと見たら、PO進出が25/39…
え…
64%…?
これって、勝率の間違いじゃなくて?((( ;゚Д゚))

泣きたくなるのをグッと堪えて数えてみた。
140戦/82勝12分46敗/引き分け無視で64.0%

…あれ?60切ってない…?てっきり勝率50台かとオモタ…。

とはいえ、数字で見る以上に、内容はグッダグダのボッコボコ。
以下、その最たる例。


・カード奪取「サーブで始まる球技」にて。

1枚目…『水球』
ピポーン!
……ブブー。

ですよねー。

2枚目…『ハンドボール』
ピポーン!
……ブブー。

…おや?

3枚目…『バスケットボール』
ピポーン!
……ブブー。

…あはははは…なにやってるの?俺…(この辺からもう笑い始めている

4枚目…『ポートボール』
ピポーン!
……ブブー。

…あはははははははははははははははは(壊

5枚目…『卓球』
高橋名人顔負けの全力連射勝負に押し勝つ。

まぁこれが第2試合だったんですが、この時の失点が響いてそのクレは2勝1敗得失点差3位で轟沈。。。
とかね。ブランクのせいかどうかは知らんけど、ヒドいったらありゃしない。


あとは、対人録。
・ケイリンマン(十段)氏。広島のひと。
決勝ビジュで戦績を確認すると、ビジュ勝率70%も然る事ながら、平均タイムが4.0秒台という脅威。
案の定、試合前半は尽く押し負けて0対30
しかし俺もよく諦めなかった。向こうのミスに乗じて地道にポイントを重ね、おっかけリーチ成功!そしてラス問、写真(めくり)だけど押し勝てた!よくやった、俺!
サブかどうかは存じませんが、めっさ強かったです。アツい闘いありがとうございました。

・にいも氏
第1試合カード奪取。10対0で迎えたラス問、×2問題はスポーツ(氏の得意ジャンル)\(^o^)/オワタ
…しかし俺もよく諦めなかった(2度目
「オリンピックの名言」で、カード後ろからめくれるパターンで内容を先読み、そして的中!
よくやった俺!
ウチにきて(ブラウン管の中の)妹をファックして以下略。

…決勝戦・氏と再戦…

早押し(氏の選択)・-10対40で惨殺。倍返しされますた。

原因は第2試合の虫食いで-10対40という大敗北を喫して得失点差で1位通過できなかった事だと思うんだ、うん。

・2NN氏
予選の早押しで大勝したモンだから、決勝のビジュで1回も答えさせて貰えませんでした('A`)ウボァ
ビジュ自体はそんなに調子が悪くない…と思っていただけにこれは割とショック。
あぁ…前のエントリで書いた『誰かボコってくれ』っていうのがここで実現されたわけだ。
でもまぁ、そのお陰かどうかはわからんけど、それ以降はビジュでは負けませんでした。
Nice Visual.

・ツレオ氏
嘘。ごめんなさい。2NN氏の次にこの方とビジュ戦してフルセットで負けました。
しかも、得意なハズの四字熟語が重なってるアレで。
しかも2問も遭遇して2問とも。

これはショックでかかった…いくら最近出てなかったという前フリがあって油断してたとは言え。
1回目の『○長○短』は完全に意表を突かれて押し負けた。
けど。
2回目の『○心○心』は完璧に押し負けた。完膚なきまでに。全力で。

ビジュアルマスター(略してビジュマス☆)への道はまだまだ遠い…遠すぎるよママン…。

・パンサー鳥取氏
すんごい久々に当たった気がするのは気のせいだろうか。
ちょっと調べてみたら、10/16以来の対戦っぽい。うわ、3ヶ月以上かよ。
予選は連想。勝率70%超の相手に俺よく引き分けに持ちこんだ。
決勝は早押し(氏の選択)。ここで俺、覚醒。きっとこの時だけ早押しの神かなにかが降臨してたに違いない。うん、きっとそう。

・適当です。氏/ボク5さい氏
今日のドッキドキマッチング。
第1試合・vs適当です。氏・多答フィニッシュ。
この時の私は尽く多答の神に嫌われてました。0対30で為す術なくあぼん。
第2試合・vsボク5さい氏・連想。
20対20で迎えたラス問、漫アゲでやんの。
いたたまれない気持ちになりつつ、終戦。
第3試合・早押し。
ここで勝てば文句なしPO進出。
なのに。
ラス問×2問題・歴地社問題で0.01秒差押し負けで逆転負け。リアルで唸った。うがーって。

結果・ボク5さい氏と得失点差も同じで私が予選落ち。ひゅるりらー。

教訓。多答系をなんとかしましょう。いやホントに。絶望的にヤヴァいって。


以上、本日のアンアン回顧終了。
明日はどうすんべか。
ま、起きてから考えるか。ではでは~(CV:ロードレ)
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。