上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.01.24 ネタ話×2。
こんばんは。今日はノーアンアンで特にネタもないので適当にネタを掘り出してみました。

Web素行調査
とあるQMAプレーヤーさんの所で紹介されてて「ウホッ」と思い自分で自分の素行調査をしてみました。
若干イミフなのもあったので、とりあえず理解可能なモノだけ抜粋。
因みに3回調査してもらってるので、テンプレ部分が重複しているものがありますが、そこは太平洋よりも広い心で目を瞑りましょう。

・水科寿隆といえばファンタズム。
まぁ、ねぇ。ブログタイトルだし…。

・水科寿隆は、クイズ修行日記の世界ではそこそこ名の通った人物である。
そう…なんでしょうか?w

・水科寿隆は、転バイヤーについて何かを掴んでいるいるらしい。
ねーよwww

・橙について調べると、必ず水科寿隆に行き当たる。
まぁカスリヒットくらいはするでしょう。きっと。

・アンアンの歴史には水科寿隆の影が見え隠れしている。
隠れてはいないと思うwモロ見えwww

・酩酊した水科寿隆は「同人誌…、黒猫…」とつぶやいていた。
いや確かにこれは呟きかねないw

・笑は水科寿隆の過去を知っている。
誰wwwww

・ねこについて一家言あるらしい。
一 晩 語 り 尽 く し ま す よ ?

・水科寿隆がリムリアの熱狂的なファンであることに瞬は嫉妬心を抱いていた。
前半はまだいいとして…瞬て誰www
アンドロメダ?中国古代の聖王?(←字が違う)それとも…沖m

・水科寿隆の謎をとく鍵、それは凶兆、ページ、個人的、妹fs、さい。
さいってなに。

こんな感じですた。




②全遅答についてもにょもにょ。
先日の、ALIさんと最初にぶつかった時、他にマッチングしていた人の中に某所で名を馳せた全遅答の人がいました。
私との対戦は、連想。思いっきり遅答が有効な形式です。
で、試合開始。
噂に違わぬ初手からの遅答っぷり。
まぁ、ソレ自体はいいんですよ。勝ったから。40点差で。遅答返しコミで。

今回問題にしたいのは、決勝。ALIさんが3位落ちした時、2位がこの人。
選択権は私なので、勿論ビジュ1択。しかし、向こうもビジュ勝率79%。…侮れない。
そして問題の場面。

この状況でも初手から遅答なんですよ。

遅答が有効な形式…とは言っても、向こうは2位通過です。
ちょっと考えてみましょうか。

2位通過の人がPOで勝利する場合は、以下のような得点結果でなければいけません。
因みにビジュアルは減点がない形式なので、(ストレートでない限り)どんなに時間を使ってもまず5問は出ます。なので、非現実的なものは除外してあります。

(左:1位通過。右:2位通過)
0対40
10対40
20対40
30対40
20対30

更に、それぞれの場合で2位の人が正解する割合を計算しましょう。

0対40(100%)
10対40(80%)
20対40(66.7%)
30対40(57.1%)
20対30(60%)

はい。
数値的に見れば、30対40で勝つ方が20対30で勝つよりラクなんですよね。ほんの数%ですが。
しかも、20対30って、余程時間を上手く使っていかないとできません。
6問目に突入した時点で、2位の人は思いっきり不利になります。
(実力が伯仲していれば尚の事)
と、いうことは。
2位の人がPOで勝つ為の思考として賢いのは、
「如何に少ない問題をモノにするか」ではなく「如何に7問中4問正解するか」だと思うわけです。
この、POビジュアルの場合、初手からの遅答は2位にとってあまり賢い選択ではない、ということです。



…と、ここまで書いてて、「確率」という考えをすっかり忘れてた。
ちょっとやってみよう。
仮定1:A(1位通過)とB(2位通過)の1問に対する正解率は共に50%(互角)。

)20対30でBが勝つ確率

(4C2)(1/2)^2(1/2)^2*(1/2)=6*(1/2)^5=3/16

)30対40でBが勝つ確率

(6C3)(1/2)^3(1/2)^3*(1/2)=20*(1/2)^7=5/32=2.5/16

…ありゃ。

仮定2:A(1位通過)とB(2位通過)の1問に対する正解率はAが60%、Bが40%。

)20対30でBが勝つ確率

(4C2)(3/5)^2(2/5)^2*(2/5)=6*(3/5)^2(2/5)^3=432/3125

)30対40でBが勝つ確率

(6C3)(3/5)^3(2/5)^3*(2/5)=20*(3/5)^3(2/5)^4=1728/15625=345.6/3125

あやややや

仮定3:A(1位通過)とB(2位通過)の1問に対する正解率はAが40%、Bが60%。

)20対30でBが勝つ確率

(4C2)(2/5)^2(3/5)^2*(3/5)=6*(3/5)^3(2/5)^2=648/3125

)30対40でBが勝つ確率

(6C3)(2/5)^3(3/5)^3*(3/5)=20*(3/5)^4(2/5)^3=2592/15625=518.4/3125

…うーん…、確率を入れて考えると、母集団が少ない方が逆転勝利の可能性は大きい訳か…

そーなのかー_| ̄|○


つーわけで、本当は「その場面で全遅答ってどうよ?」って言おうとしたけど、変更します。
『全遅答 やってもいいよ そのかわり そうそう上手く いくと思うな』
・゚・(ノД`)ノ・゚・ウワァァァン


今日はこんな感じで閉幕。
明日、雪ヒドくなかったらアンアン行こうっと。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。